菩提樹だより・各施設の広報誌を発信しています。

会社歩み

NOMCO&CO.は、1980年11月に船舶売買業を主な業務として創立しました。

 1987年には不動産部を開設、さらに1991年には米国シアトル市に子会社を設立した。その後も積極的に経営の多角化を推進し、鮮魚マーケットの開店、損害保険業務の開始を経て、2000年4月に矢本町にビジネスホテル「フォーシーズン矢本(60室)」を開業、2001年7月に市内立町に飲食店ビル「プレイビル(20店舗)」を開業、さらに2002年7月には㈱七星社との共同事業として石巻駅前に有料駐車場「駅前カープラザ(55台収容)」を開業しました。また、2003年8月クリエイト総合研究所(東京)との提携、個人住宅を販売する㈱ピノキオを設立。 同年11月矢本町に大型葬祭会館メモリアルホール「菩提樹矢本」開業。さらに同年7月鳴瀬町小野にディサービス「菜の花」(35人収容)をオープン、2004年11月古川市に2店目の大型葬祭会館メモリアルホール「菩提樹古川」をオープン。2007年1月石巻に3店目のメモリアルホール「菩提樹石巻」をオープン。

 また同年10月東松島市矢本に有料老人ホーム「四季の里」デイサービス「矢本菜の花」をオープン。2008年10月登米市豊里町に4店目のメモリアルホール「菩提樹豊里」をオープン。2009年10月石巻市渡波に5店目のメモリアルホール「菩提樹渡波」をオープン。現在、本社の業務としては、北洋底魚卸売事業や船舶売買業を主とする水産・商事部、宅地開発と住宅建設、不動産販売を担う建設・不動産部、賃貸業務を扱う賃貸部、損害保険業務を扱う保険部、ビジネスホテルを直営するホテル事業部、メモリアルホール菩提樹を統括する葬祭事業部、2010年12月には、「菩提樹蛇田」をオープン。さらに、新社屋を宮城県石巻市開成1-65に移転した。今後も「フロンティア・スピリット」の社是のもと社員一丸となって業務に邁進してまいります。